入れ歯・修理・相談

当院は入れ歯に力を入れております

入れ歯は決して見た目だけのものではありません。せっかく入れ歯を入れても、噛み合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、入れ歯がフィットせずすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。当院では、見た目はもちろん噛む機能を重視し、あくまでも噛む機能を回復するための入れ歯を提供できるよう力を注いでおります。

・入れ歯でお悩みの方、お待ちしております。
・新しく作る、修理する、喜んで治療させて頂きます。
・保険の入れ歯、自費の入れ歯(インプラント義歯・磁石・バネがないeto)全ての選択肢に全力でこたえます!

入れ歯の種類にはどんなものがあるの?

[ 総入れ歯 (総義歯) ] ほとんどの歯を失ってしまった場合
大部分の歯が失われた場合に用いるタイプです。総入れ歯は吸盤のように口の中で密着します。「総入れ歯には違和感がある」というイメージをお持ちの方もいますが、現在の総入れ歯は大変精巧になっていて違和感なく噛むことでき、食事も問題なく楽しむことが出来ます。
[ 部分入れ歯 (部分義歯) ] 支えとなる歯がなかったり、ブリッジを避けたい場合
失われた歯の周囲に支えとなる歯がない場合や、ブリッジ治療を避けたい場合に用います。上下ともに健全な状態の歯が一本でも残っていることが条件となります。取り外し式の部分入れ歯を歯肉の上に直接置き、周囲の歯にクラスプ(金属のバネ)で固定して噛めるようにします。

当院で取り扱っている入れ歯の種類

スマートデンチャー

スマートデンチャー金属クラスプのない目立たない歯部分入れ歯
入れ歯は抜けた歯を補うために、自身で取り外しができる人工的な歯です。しかし、入れ歯に関しては多くの方があまりいいイメージを持っていないのも現実。ですが現代、質的にも形態的にも改良されてきていますし、今では多くの種類の入れ歯があります。中でも当院では、『スマートデンチャー』をおすすめしております。

スマートデンチャーはバネのある通常の入れ歯に比べ、薄く、軽く、割れないといった特徴を持ち、目立たなく美しい、日本を代表するノンクラスプデンチャーです。

噛むことと認知症の関係

咀嚼(口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうこと)は脳を刺激するため、認知症との関連性があるのではないかと考えられています。そして、認知症が進んでいる高齢者は、合っていない入れ歯を使用していたり、流動食に頼っている場合が多いようです。実際、入れ歯の噛み合わせを直し、きちんと噛んで食事をする習慣が戻ったところ、認知症の症状が改善したという報告は少なくありません。しっかり噛むためには自分自身の歯を残すことが理想ですが、次善策として入れ歯をしっかりと調節することも大切です。

▲ページの先頭へ戻る

診療時間・アクセス
歯科なおきクリニック

宮城県大崎市古川穂波6-1-5

[月・火・水・金曜日]
午前:10:00~13:30(最終受付 13:00)
午後:15:30~20:00(最終受付 19:30)
[土曜日]
午前:9:00~13:30
(昼休みなし、最終受付 13:00)
[休診日]
木曜・日曜・祝日
※祝日のある週の木曜は午後のみ診療します。
TEL.0229-24-8241

※予約制、新患・急患随時受付

歯科タウン